top of page

Bonheurは『土』で『三ものよし』

皆様♡ おはようございます( ´͈ ᵕ `͈ )


今朝は少し肌寒く 秋になったんだな〜っと感じますね↟⍋


さて𓈒𓏸 爽やかな朝なので爽やかに語ります( ˇᴗˇ)。o* 爽やかになるかな〜???笑


自分を、Bonheurを自然界にある中から選んだら 『土』だなと去年気付きました𓈒𓏸


『土』って色も見た目もとても地味なのですが 私にとってはとても惹かれるモノがあるんです(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)


あるモノにとってはあたたかさを あるモノにとってはつめたさを あるモノにとって必要なモノを与えられる『土』


いろんなエネルギーを吸収して 必要なモノへ必要なモノを届ける𓂃


そこで咲くのが四つ葉のクローバーであって 欲しいなと思いましたஐ


『幸せ』の『幸』にも『♡(心)』が『土』に包まれているようにしか私には見えないのでね(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)


それを考えた時に 「Bonheurの土台となるモノは何か?」 っと問いかけました𓈒𓏸


『この場所で求めてくださるお客様にモノを届けること♡』


それは 初めから続けてきていた『セミオーダー』のスタイルを大切にすること✧ それを直接お渡し出来る場所をつくること↟⌂⍋‧⁺


ココへと繋がったのです(•ᵕᴗᵕ•)


『Bonheur営業日』を始める前は イベント出店をさせていただいて その場でお渡しさせていただいたり Bonheurの作品をご覧いただいたりしていました𓈒𓏸


イベント出店はたくさんの方にお会いできる場であり Bonheurを知っていただける場でもあります✧ その場もすごく楽しくて たくさんの方とも繋がらせていただきました( ˇᴗˇ)。o*


その分一歩踏み込んでオーダーとしてBonheurを求めてくださっているお客様を お待たせしてしまっているのも事実だったんです(.› ₃ ‹.)


そこのバランスが崩れてきているのを感じていて 一度立ち止まりました… 「このままではいけない…」と𓂃


そこからイベント出店を控えることにしました(*˘︶˘人) 求めてくださるお客様ひとりひとりときちんと向き合いたい♡ そんな想いが芽生えて ずっとカタチにしたかった『Bonheur営業日』を始めました↟⌂⍋‧⁺


お客様が1人来てくださればいい♡ そんなゆるゆるな気持ちから始めて 来てくださるお客様とゆっくりとお話をしながら 笑い合いながら 私の心が満たされていく感覚があったんです(❁´◡`❁)


『時間をつくる』ことで その時間をお客様と過ごすことで エネルギーを消費するどころかこんなにもエネルギーが溢れるんだなと✧


それと同時にそれまで繋がらせていただいた たくさんの方との距離感も良くも悪くもとても感じました𓈒𓏸


覚悟して自分で決めたことなので心地よささえも感じたのです(•ᵕᴗᵕ•) 「私にはこのスタイルが合っている♡」 すぐにそう思いました♡


『土』なのでね どこにでも在ります𓂃


『土』は基本的には動いていないようで動いていますし 大切な人を守りたい時にはコツンともしますよ!!笑 完璧ではないですがその選択をしてきているつもりです(•ᵕᴗᵕ•)


それでも 「Bonheurがなんかいい!!」 そんな風に思っていただけたら幸いです𓂃ஐ


どこにでもある『土』がBonheurの作品だとしたなら Bonheurの作品を見て、使って感じてくださるお客様の芽生えが 『幸せ』であって欲しいなと切に願います(⸝⸝⸝⁼̴́◡⁼̴̀⸝⸝⸝) 『四つ葉のクローバー』を咲かせるのはお客様の『心』だと♡


商売には『三方よし』という言葉があります𓈒𓏸 『売り手よし 買い手よし 世間よし』


一般的に変えると 『相手よし 自分よし みんなよし』になるそうです♡


Bonheur的に言うと『三ものよし』 『者よし 物よし モノよし』


いいところに気付いて過ごしていきたいですね(*◜ᴗ◝*)


長々とここまでお付き合いくださり ありがとうございます(*♡´◡` 人)



写真のロゴ看板は Community cafe Fun Factoryのご夫婦からいただいたモノ♡ いろいろなお話をさせていただいている中で 『三方よし』という言葉を聞いたことがありましたが その言葉を記憶からよみがえらせてくださいました𓈒𓏸 っということから選んだ1枚です(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)


この看板も『Bonheur営業日』で ちょうどBonheurが5周年の日だった3月9日に ご夫婦揃って届けてくださったんです𓂃ஐ


下にある幸せばかりを見ている私ですが いろいろな『想い』は空を伝って届いて欲しいと矛盾なことをする私でした(ノ∇≦*)σ笑


幸せをあなたに.。♡


Bonheur

Commenti


bottom of page