top of page

流行を追っていた頃のお話

わたしが社会人になる前までワープしますˎˊ˗

10代の頃は

バイト代で流行りのお洋服を買い

その時に「良い」と思ったものというより

その時に「楽しい」と思ったものを買っていた。

本当にただ、それだけ。


「お洋服が欲しい!」と思って

毎月買うようになったのは

短大生になった時でした。


短大は、毎日私服だったからこそ

何を着て、どんなメイクをして行くかを決め

トータルコーディネートをする日々が

毎晩楽しくて!

(一度全て着て、納得したら、脱いで畳んで準備するを毎晩やっていたんです。笑)


当時、買っていたファッション雑誌を参考に

自分の持っている服で

代用できるコーディネートを探しながら

重ね着に重ね着をして

全身カラフルでした。笑


この頃が流行を追って

ファッションを一番楽しんでいた時です。

_____________________

流行を追わなくなった理由があります。

きっかけは " 結婚 "

とても単純です。笑

高校2年生の時に付き合った彼と

「5年経ったら結婚しよう!」と決めていました。

結婚式もするならお金が必要です。

結婚後を想像した時に

流行を追うファッションはできません。

と、同時に自分の好みも変わっていて

" 今年 " だけではなく

" 来年 " も " 再来年 " も着れる服装にしよう!

カラフルファッションから

極端にナチュラルファッションへと

変わりました。

今は、質にこだわったバランスの良い

ファッションを楽しんでいます♫

_____________________

今となっては

「何を選択するか」を

奥深くまで

その先までのことを考えて

決めていますが...

それは " 今 " だから

できていることかもしれません。

10代の頃は

選択をすることに

そこまで気を遣っていなかったのです。

" 知らない " から

意識もしていないという

" 今 " 楽しいことを

目の前のことだけを見て

判断をしていたのかもしれません。

流行を追う " だけ " にならないように

飽きのこないもの " だけ " にならないように

極端に、偏りのないバランスを

保とうとする意識が

どちらにとっても良いことだと思っています。

" 今 " を楽しむこと。

その積み重ねが " 未来 " をつくっていき

その選択が「良い」と思ったことを

自分の中での正解にしていくことが

何よりも大切で

自分の中で「違和感」を感じた時は

何か変化する時かなと思います。

変化することはとっても良いことなので

「違和感」を逃さず楽しんでいけたら良いですよね!

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

次は

『ファストファッションのその先』

をお伝えします𓅯

カタログには載っていない補足ポイントです✍︎

はぐみエプロンのカタログを

ページ順に追って投稿していきます𓈒𓏸

※デジタルカタログもご覧いただけますと幸いです。

はぐみエプロンはこちらからご購入くださいませ𐁇

お配りしたカタログ、それぞれの「hu𝗀mi apron クーポンNo.」もオンラインショップにてお使いいただけるようになりました。

「クーポンコード」へ入力すると反映されます。


Comentarios


bottom of page