top of page

イタリアン料理 via erre 1st Anniversary

2021.2.27 Sat.






今日は深見さんが夢を叶え

またそのスタートとなってから1年経った日𓈒𓏸





via erreさん

1周年おめでとうございます٩(๑˃̵ᴗ˂̵๑)۶







オープンしてすぐにコロナとなり

この1年も

まだ今現在も

試練つづきだとは思います。。。







それでも

その中で深見さんは

自分だけのことではなく

ご家族のことも

スタッフさんのことも

仕入れ先の事業者さんのことも考えて

深見さんにできることを



いや。。。



深見さんにしかできないことを





ひたすらにやってきていたなと

いつも、常々感じさせていただいています(•ᵕᴗᵕ•)





そんな深見さんの奥深くにある

あたたかさというモノは

4年前に深見さんに初めてお会いしてから

深見さんを知っていくと

垣間見えてくることがたくさんありました✧





『Bonheur営業日』にも

ふらりと現れて

お話して

「そういうことか!」

っと何か納得をして

「ありがとう!」

っと言って去ってゆく𓂃笑







深見さんの中で何か『点』だったものが

『線』で結ばれていっているんだな〜っと





その一生懸命さは

素直に誰かに助けを求められる姿勢は

深見さんの魅力なんですよね(⸝⸝⸝⁼̴́◡⁼̴̀⸝⸝⸝)



でね!

とっても穏やかなんです𓈒𓏸







オープンをしてから

お料理も進化をしていて

食べに行くたびに美味しくなってる!!





そしてとてもうれしそうにお料理をしている深見さんを見たり

こだわりを聞くと

最高な隠し味になるんです.+゚。(*′艸`*)。゚+.





だから私はいつも

終わりがけに行って

1人ゆっくりとさせてもらっています𓂃







最近『チャント』という番組でも3分程

via erreさんがご紹介されていて

リアルタイムで観れたのでみました(•ᵕᴗᵕ•)





深見さんのいいところが放映されていて

農家さんへの想いとかをテレビ越しに聞いて

私、大号泣でした:*:( ༎ຶ‿༎ຶ ):*:





動画を携帯で撮りながらだったので

鼻もすすれず

垂れ流し状態です。。。笑







深見さんのいいところが

たくさんの方に伝わって

素敵なスタッフさん達と一緒に

via erreさんを通して笑顔が広がってもらえたらいいなって思います*:ஐ(●˘͈ ᵕ˘͈)人(˘͈ᵕ ˘͈●)ஐ:*









昨日は2月26日『ツツムの日』

あたたかな心に

ツツミ、ツツマレてきた幸せな日でした𓂃ஐ





昨日からの3days限定

こだわりにこだわった

『トマト・トマト・トマト』を

いただいてきました𐩢𐩺



「トマトオイルをかけると

更に風味が増して美味しくなるよ」

っと深見シェフ直々にパスタを運びながら伝えてくれました(*˘︶˘人)





めっちゃ美味しかったです!!







今日のディナーも

明日のランチとディナーもありますので

ぜひですԅ(//́Д/̀/ԅ)



大好きなスタッフさんが作ったパンナコッタと𓎩


大好きなスーパースタッフさんがドリップで淹れてくれたコーヒー𖠚ᐝ



幸せでした𓂃ஐ







深見さんへは

初期の名刺を入れていた

Bonheurのマルチポーチが

もう古くなっただろうと思い



新調していただきました(*ノε`)σ笑




『erre(エッレ)』はイタリア語で『R』だそうで。。。

深見さんのお名前のイニシャルなのです✧



『via erre(ヴィア エッレ)』は


『Rの深見さんを通して』たくさんの方を笑顔にしたい


という想いが込められた店名なんですよ(•ᵕᴗᵕ•)







喜んでいただけて何よりです♫





『via erre』は1年前に作っていた消しゴム判子で𓂃





ドライフラワーは

via erreさんの大ファンでもあるお客様が

Bonheurのお客様でもあり

私にプレゼントをしてくださった際に添えられていた一輪を添えました𓂃𓆸







またあのあたたかな空間に

大好きなスタッフさんに会いに

お料理を食べに行きますね( ´͈ ω `͈ )੭♡⃛





いつもありがとうございます(ㅅ´ ˘ `)









お互いがんばりましょうね⚐







幸せをあなたに.。♡



Bonheur






via erreさんのInstagramはこちら


スタッフさん目線のInstagramはこちら







Comments


bottom of page