top of page

ともしびプロジェクト 3.11 2020

ともしびプロジェクト~被災地に希望の光を灯し続けよう~



3.11


9年前𓂃



姪っ子が生まれたばかりで

実家へ会いに行っていたトキ𓈒𓏸



大きな揺れがありました…



咄嗟に母と姉と私は

孫であり

子であり

姪っ子である

まだ小さな小さな命を守ろうと動いていました𓂃




揺れが収まり

テレビを見ると

それはそれは衝撃的な映像が目に飛び込んできて

言葉が出ないほどでした…



人々が日々を重ねてきたトキが

一瞬で…




人の命も

街の景色も

思い出も



「逃げて!逃げて!逃げて!」

「早く!早く!早く!」


テレビの画面に向かってどれだけ叫んだか…




私には想像でしかできないのですが

それを実際に目の前で見なれた景色がと思うと

言葉になりません𓈒𓏸




目の前にいる姉夫婦の待望の命✧

すやすやと眠る顔を見てどこかほっとする

それが私にとっては全てでした𓈒𓏸




その後2011年の5月の終わりに

人生で初めての体外受精に挑戦しました。

6月のはじめに

初めて命を授かることができました。

初めて『つわり』というものを経験しました。

そして𓈒𓏸

7月のはじめに

初めて流産で我が子を亡くしました。

7月のおわりに

初めて我が子をこの目で見ました。



たった数週間…

ううん!

数週間も母としていさせてくれた

小さな命の

大きな愛♡




命というモノは

強くもあり

儚くもあり

とても尊く

どんな方の命も

女性の身体の中で

奇跡に奇跡を重ねて誕生し

誕生した後も日々奇跡を重ねて生きているのだと

違う角度からですが

私なりの経験から身に染みて感じたことです(⸝ᵕᴗᵕ⸝⸝)



それが2011年だったということは結果論ですが

それでも私にとって

何か意味のあることなのではないかなと感じずにはいられないのです𓈒𓏸



いつもは暗闇をあたたかな光で灯してくれるキャンドルも

今日はキャンドルの光に

太陽の光を重ねて

空へと召された方たちの命と

生かされているこちらの命とが

光によって繋がれたらいいなと思います𓂃ⅈⅈⅈ




光に当てたキャンドルの影を

『311』にして

黙祷を捧げます✧



忘れないをカタチに

愛知から愛を込めて𓂃♡


Comments


bottom of page