top of page
phonto.jpg

hugmi apron  at Bonheur

SNSを通じてネーミングを募集し、いろんな方の想いをひとつにした名前 "はぐみエプロン"

そんなはぐみエプロンが、幸せな未来を結ぶ架け橋になるお話です。

​危機感を抱いた先に...

IMG_7899.JPG

日々の生活の中で "働く人" は当たり前のようにいます。

休日を過ごす時間よりも、働く時間を過ごすことの方が長いのです。

時間に追われる中、

気持ちを明るく、笑顔で過ごすことが大切だと分かっていても

なかなか向き合えず、そのままにしてしまうんですよね。

疲れた表情をしていると、その表情や「疲れた」という気持ちで、本人が一番苦しくなる上に

周りの人にも伝染し、悪循環が生まれてしまう...

身近な人であればあるほど伝わりやすくなります。

その相手が子どもなら尚更です...

そんな子ども達が大人になったら「このままでは未来は明るくならない!」

っという危機感を抱きました。

そこで、疲れた表情やその気持ちを

少しでも和らげて

少しでも笑顔にできないかなと考えたのです。

それが "働く人" に寄り添うモノを届けるということで

その1つとして保育者向けエプロンの製作をするという​ことにたどり着きました。

​命は時間

IMG_2559.JPG

わたしのこれまでの人生経験の中で

保育士の資格を取得したのち、アパレル業で働いたりと...

保育士としての経験はないのですが

念頭にはいつも「子どもに関われることは何かないかな?」

ずっと思っていました。

自身の病や不妊治療の経験を経て

・命の大切さ

・命の尊さ

・命の儚さ

に気づき、命は "時間" であり、その時間を全ての人に

大切に笑顔で過ごしてもらいたいなと思ったことから

現在、アパレル業であるBonheurが

おしゃれを楽しめるようなエプロンを作ることで

選ぶ時間、できあがるまでの時間、そして、着用している時間が

ワクワクし、笑顔いっぱいになるのではないかと思っています。

詳しいストーリーはこちらへ→

明るい幸せな連鎖

IMG_3595.jpg

子どもと接する時間の多い職業の中で、保育士や幼稚園教諭があり

その保育者が働く時間を、心地よく過ごしながら子ども達と接することで

その心地よさや、あたたかさや、やさしさは

純粋で敏感な子ども達はそのままを吸収します。

そんな心地よさを知った子ども達が大人になったら、明るい未来になり

​その心地よさをまた子ども達へ伝えると、明るい幸せな連鎖が続くと思うんです。

その中で「保育園や幼稚園の先生になりたいな」

そんなことを夢に持つ子ども達も増えるかもしれません!

今の子ども、これからの子どもの心の成長を未来へと繋げるためには

今の大人が心のままに、心地よく、気持ちの余裕を持って過ごすことであり

"はぐみエプロン" を通して、Bonheurから届けられることがあるのではないかと思い

カタチにしました!

主役ははぐみエプロンを着てくださる人

​はぐみエプロンはあくまでも、脇役です。

bottom of page